ブラウ・グラーナ気分で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンク修理

パンク修理といってもPacific-18ではありません。
dai-5家のママチャリ『マダム・ロッソ』です。

先週、家内がボソッと一言
「ママチャリの後輪がパンクしたみたい。
 今度自転車屋に修理してもらうわ」


なに~!
パンク修理なら私に任せなさい!!

(みすみす自転車屋にネタをとられてたまるかいな)

家内は本当にできるの?と疑いの様子
何を言うか!
実家では自転車のパンク修理といえば私か爺ちゃんの仕事だったのだよ
-----
『マダム・ロッソ』を見に行くと完全に空気が抜けた状態です。
06-11-26_13-56.jpg

まずは釘や画鋲などの異物が刺さっていないかタイヤをチェック
でも特段異常は見当たりません???

ここだけの話、パンク修理なんて中学生以来の事
逸る気持ちを抑えられず早速タイヤからチューブを取り出してブクブク開始
(バケツがかわいらしいですがそこはご愛嬌)
20061120024114.jpg
しかし
全然ブクブクしない・・・
パンクしてないようですがぁ~

家内の怪訝な視線が背中に突き刺さります

と、とりあえず現状復帰
タイヤに空気を入れると
シュゥーーーー
と音を立てて空気が抜けていきます

あれれ???

前後のフランジャー(弁体)を付け替えると今度は前輪の空気が抜けていきます。
どうやら虫ゴムの劣化が原因でした。
06-11-26_13-55.jpg

虫ゴムを取り替えると空気抜けは収まり一件落着

どうやら私の勇み足
最初にタイヤチェックした時にキチンと調べていればよかったのですが

だってブクブクしたかったんだから、しかたないじゃん。。。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 22:49:24|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

be quiet.『ジャーラジャラちゃん』編

前回までのbe quiet.
 オシャベリなPacific-18のパーツ達を黙らせるため真剣に立ち上がったdai-5

『ギッシギシ君』を潤滑剤で、『カッタカタ君』はタコ糸で口封じに成功
静かな自転車に更正した我がPacific-18
bequiet-j.jpg「早く手を打てば良かったのに」と苦笑いしつつも
幸せな自転車ライフを満喫していた

、、、ようにみえた。
そう、ある事をしなければ・・・

----------
通勤途中、なだらかな長い上り坂があります。
その日の体調や気分により一気に駆け上ったり、ゆっくり走ったりしています。
ある日の朝、のんびり行こうとシフトダウン
3速辺りに落としたその時、彼女が目覚めてしまいました。
”ジャーラ、ジャーラ、ジャーラ”

な、なんじゃこりゃ~!

今までは気に留めなかった音ですが
静かになったおかげでヒジョーに気になってしまいます。

どうやらギヤチェンジがうまくいかず音が鳴っているようです。
しかもよくよく調べるとある問題が発覚しました。
使えないギヤが存在しているのですガーン
2速、5速が入いりません
たまに6速か7速のどちらかも怪しい感じでした
ギヤをそこに合わせようとすると
”ジャーラ、ジャーラ、ジャーラ”

何故今まで気が付かなかったのか?
Pacific-18はグリップシフターです。
グリップシフターの良い所は一気にギヤチェンジできること

毎朝組み立てて漕ぎ出し時、8速から4速へガチャガチャ
スピードに乗ってきたら、4速から6速、8速へガチャガチャ
信号待ちだと、8速から3速へガチャガチャガチャ
と一気に数段飛ばしにギヤチェンジしていました
大雑把な奴なんです
それ故、使えないギヤを見落としていました・・・

ディレイラーを調整するにはココと
06-11-22_12-31.jpg

シフターのココ
06-11-22_12-35.jpg

のネジを回して調整していきます。

早速走りながら1速ずつギヤが入るよう根気よく調整して、
1~8速全てのギヤに“カシャ!カシャ!”と気持ちよくシフトするようになりました
『ジャーラジャラちゃん』も更正してくれたようです

これで『be quiet.作戦』も完遂したようです

めでたし、めでたし
CIMG3491.jpg
お祝いに美味しいパンでも買って帰るか(^-^ )


ブレーキを掛けた瞬間 “キーーッ”
  1. 2006/11/23(木) 01:44:53|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メッセンジャー

映画『メッセンジャー』知人に借りました。
20061120010142.jpg

そう言えば私はまだ観てなかったので感謝、感謝
DVDを手渡すときに一言、注意事項がありました。

カラッと天気のいい日には観ないこと

???
どうやらストレスが溜まるらしい

で観ましたよ
忠告通りに外は雨
しかも夜なので真っ暗

素直に忠告通りしたのに・・・

余計にストレス溜まるやんかー

走りてー

自転車乗りてー


----------
翌日も雨・・・

たまたま宅急便に出す荷物がありました。
20061120010149.jpg

普段なら電話で集荷してもらうところですが
メッセンジャーバッグに詰め込んで
20061120010156.jpg

雨が止んだ一時を狙って外に飛び出しました

気分はすっかり若大将メッセンジャー

気温が低くて寒かろうが
地面の雨が跳ねて背中が濡れようが

”らくしょう”
  1. 2006/11/20(月) 02:26:19|
  2. dai-5日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

サイクルモード2007

cyclemode2006.gif

11月11日(土)、12日(日)と2日間、
インテックス大阪にてサイクルモードが開催されましたね。

関西系サイクリスト方々の各Blogにも関連記事がアップされています。

私も自転車に興味を持ち出して初めてのサイクルモードです。
まだあまり知識はありませんが、ロードや小径車数種類に試乗しようかとワクワクしてきます!

しかし、、、
行けませんでした。。。

残念ではありますが色々と所用がありまして。

まぁ余計な物欲が沸くのもなんなので、これで良かった?
・・・・・・・・・・
うーん、でもどこか心に引っかかるものが、、、
そう、なにか胸に痞えるものが、、、

俺も行きたかったゾー!

行ってきたみんなが羨ましいゾー!!


あぁ、すっきりした

一応、タイトル間違ってるわけではありません。
来年こそは!という意気込みなんです(笑)
一応はネ
  1. 2006/11/13(月) 18:30:32|
  2. dai-5日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

be quiet. 『カッタカタ君』編

前回までのbe quiet.
 オシャベリな我がPacific-18のパーツ達を黙らせるため真剣に立ち上がったdai-5
 まずは『ギッシギシ君』の口を封じて静かな自転車に変身しました。

----------
しかーし、舗装の悪い道路を走ると一気に

カッタカタカタ、カタ~

周りからは“あの自転車、整備不良じゃない?”と確実に思われるであろう小憎たらしい奴
Pacific-18FRETTAで悪名高い(?)前ブレーキの
『カッタカタ君』
登場

この『カッタカタ君』、原因は明らか!
ブレーキ本体と留め具の間にある“遊び”が原因です。
悪路を走るとフロントスプリングの収縮によりフロントアームが振動します。
するとブレーキ本体も振動して異音を発するのです。
このブレーキ本体の振動はBD系の構造上しかたのないものです。
イヤ、正確にはシ○ノのブレーキ構造に問題があるのです
TEKTROブレーキはカッタカタ言わないぞ~

要はこの遊びを無くせばイイだけなんです。
若しくはLX以上のグレードに換装すれば異音は無くなるようです

遊びを無くすために色々な方が色々な方法で対処しているようですが
私はコレを使って遊びを無くすことにしました。


20061016030928.jpg
『たこ糸』
ダイソーでGET!
ひきつった笑顔のブタさんがシュールです。。。
焼豚にされるのがよほどイヤなのでしょうか

ブレーキは素人が手を出すと危険な箇所です。
あくまでも自己責任と言うことで他人にはお勧めしかねる作業です。
もちろんド素人なdai-5は危険を承知で作業に挑みました。
ブレーキが利かなくなれば、即換装を覚悟で!
その前に壁に激突して血まみれですが・・・

前ブレーキの遊びがある箇所にタコ糸を噛まします。
20061016030934.jpg

なかなか入りませんでしたが強引に慎重に隙間に入れていきます。
そして余分なタコ糸を切って完了。
ブレーキ本体を指で動かしても以前のようにガタガタと動きません

そして一番肝心な動作確認
ブレーキが利かなくなるのは非常に困るのでレバーを引いて動きを確認します。
どうやらブレーキレバー、本体共に正常に動作しています。

最後に効果の確認です。
通勤で必ず音がでる悪路があるので、そこに確認に行きました

・・・カタカタ・・・カタカタ

これまた今までのカッタカタ音がウソのように静かです

耳を澄ませば、まだ若干の振動音が残ります。
これはフロントスプリングをハードにすれば完全に消えるでしょう。
はい、換えるつもりです。確実に

これで残るはあと一人!心して待っておれ!!
  1. 2006/11/09(木) 01:09:22|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

be quiet. 『ギッシギシ君』編

私のPacific-18は賑やかです。
 ・サドル『ギッシギシ君』
 ・前ブレーキの『カッタカタ君』
 ・リアディレーラ辺りの『ジャーラジャラちゃん』

三人(?)はベルが不要と思うほどオシャベリ
乗っている私が恥ずかしくなるくらいです。

当初は安易にグレードの高いパーツへの換装を考えていました。
しかし使い続けるうちにこの賑やかなパーツ達にも愛着が(笑)

ダメ元で交換せずに黙らせるように真剣に努力してみました

----------

まずは常時喋りまくっている『ギッシギシ君』
20061106215808.jpg
Pacific-18購入の決め手となった
ライオン印の革サドル

ペダルを漕ぐたびに
”ギッシギシ、ギッシギシ”


こいつだけは使い続けたかったので真っ先に着手しました。
20061106222526.jpg

以前サドル後方のスプリング部に注油しましたが直らずorz



しかしギッシギシ音の原因は後方のスプリング部ではなくサドル前方でした。
20061106222603.jpg
とりあえずいろんな箇所に注油しようとして
赤い丸印部分にたっぷり注油すると、、、



あっけなく無口な革サドルに更生してくれました
あれっ!?チョッと拍子抜け。。。

お気に入りのライオン印の革サドル
一時はBROOKSの革サドルに変えようかと真剣に悩みましたがまずは一安心です。

どうやらメンテナンス・スキル不足ズボラな性格が彼らのオシャベリを止めれなかったようです(汗)

あとの二人!心して待っておれ!!
  1. 2006/11/06(月) 23:00:05|
  2. メンテナンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dai-5

Author:dai-5
PEUGEOT Pacific18で泉佐野市界隈をポタリング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。