ブラウ・グラーナ気分で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キックスタンド新調

破損したキックスタンドを取り外したまま自転車に乗り続けていましたが、その間、駐輪するのに自転車を立てかける場所を探さなければならないわ、立てかけるとフレームに傷が入るわ、小径なので不安定で転倒するわと不便を痛感いたしました。

やっぱりPacific18に気軽に乗るにはキックスタンドが必要不可欠と言う事で新調しました。

新調するにあたり、今までと同じでは芸がないので、、、
いや別に芸は必要ないかと思いますが、気分転換に色をシルバーからブラックに変えてみました。

2011102102.jpg

これで気兼ねなくPacific18で出掛けることができます
スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 01:20:36|
  2. 装備品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

iePhone

最近小学生の娘二人が「携帯電話が欲しい、欲しい!」とうるさくて仕方ありません<(-_-)>

携帯電話ショップの前を通る度に、本体価格¥0を見て「あれ無料やで、あれにしよ!」
君たち携帯電話を利用するのに毎月の基本料金や通信料が必要になるって事を知らんようやねー

どうやら友達の半数が携帯電話を持っており、連絡を取り合うのに必要だと言い張るのです。
ったく最近の小学生は。。。

しかしウチの子は、学校や習い事以外は家に居るか親と一緒に行動することが多いので、あまり携帯電話が必要だとは思えんし。。。そこで家の固定電話で友達からの着信音のみ変える設定をして、子機を子供部屋に置くことにしました。

これぞiPhone(アイフォーン)ならぬ、iePhone(家フォーン)
2011101801.jpg

我ながらコテコテの命名センス(^^;

子供は納得いかぬ顔ですが、我慢するのじゃ。
  1. 2011/10/18(火) 21:55:27|
  2. dai-5日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悲劇の二重奏

小豆島やしまなみ海道へ出かける前日の出来事。

リアディレイラー(RD)を換装して以来、数ヶ月間Pacific18にチェーンガイドを付けていませんでした。
このチェーンガイドが無いと、折り畳んだ時にチェーンがダラ~ンと垂れて絡み合ったり、輪行バッグ内がチェーンオイルで汚れまくってしまいます。翌日から輪行なので、これではいかん!とチェーンガイドを取り付けようとしましたが、テンションプーリーのネジが固い、固い

今思えばこの時にRDを取り外すか、メンテナンススタンドを使用すればよかったのですが、横着して不安定なキックスタンドに寄りかかるようにして固いネジと格闘していました。

そこで第一の悲劇が

ポキッ!
何やら鈍い音がしたと思った瞬間、自転車が倒れていきました。
なんとキックスタンドが真っ二つに破損。
2011101701.jpg


オゥ( ̄Д ̄;)

続いて第二の悲劇が、、、
キックスタンドが折れて自転車が倒れた勢いでテンションプーリーのネジを舐めてしまいました。。。

オ、オゥ w(@。@;)w

あ、明日から出掛けるってのに~

悪あがきして悪化させても仕方ないので、とりあえず何も無かった事にして現実逃避

そろそろ何とかしないとね。。。
  1. 2011/10/17(月) 23:31:11|
  2. パシフィック18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しまなみ海道 今治~尾道

尾道を起点にした「しまなみ海道ポタ」も無事、今治にゴールしました

しかし、しかしですね。。。
しまなみ海道の最後を市街地走行で終わらすとは、なんとも味気ないじゃないですか。

そこで今治港からフェリーで大三島まで移動し、再びしまなみ海道へと戻りま~す

海から来島海峡大橋を眺めるのもイイかなぁって思ったものですからね。
これぞ海道じゃ~~
2011100701.jpg
複雑に流れる潮の中をグングン進んでいきます。

大三島は前日チョロっとしか走っていなかったので、宮浦港から島の北側を走って多々羅大橋まで行こうと思います。

と言う事で、フェリーで宮浦港へ行くつもりでしたが、乗船したフェリーが大三島に着くのは宗方って所だけ・・・
宗方ってどこ?状態でフェリーから降りることになりました(汗)

近くの案内地図を見ると宗方って大三島の南西部です。
この時はテンパってて、宮浦港で撮った地図ですが、
2011100704.jpg
予定地からはかなり離れているし、目の前には峠がorz

覚悟を決めて走り出そうとしたとき、バス停に停まっているバスが目に入りました。
も、もしや!と運転手さんに確認してみると宮浦港行きじゃありませんか!!
しかも出発直前。運転手さんの御好意により、自転車を折り畳まずにバスに乗せて下さいました。
2011100702.jpg
人生、無理をしない事がモットーなもので(^^;
そして無事、宮浦港に到着( -。-) =3

ここから大三島の最北部までサイクリングロードが整備されて、、、るとは言い難いかも(^^;
あんまり自転車が走っている感じではなく、荒れ放題な道でした。。。

道はともかく、綺麗な海を堪能しながらサイクリングロードの終点へ。
2011100705.jpg

でもまだまだ道は続いています。
しかもココからの道のほうが整備され断然走りやすく、景色も
2011100706.jpg

多々羅大橋を渡り、生口島へ。

ほどなく小腹が減ってきたので、しおまち商店街へ
岡哲商店さんのコロッケ
2011100707.jpg

玉木さんのローストチキン
2011100708.jpg
どちらも美味しくいただきました(⌒P⌒)

この後は瀬戸田の町を散策
2011100709.jpg

この良い雰囲気で「しまなみ海道ポタ」を終わらせたいので、瀬戸田港から高速船に乗って尾道へ
2011100711.jpg

最後は尾道ラーメンと尾道焼きで締めます。
2011100712.jpg

2011100713.jpg

しまなみ海道、満喫しました!
  1. 2011/10/07(金) 23:40:15|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しまなみ海道 伯方島~今治

しまなみ海道、二日目です。
伯方島から大島へと走り出します。
2011100601.jpg

大島は他の島とは異なり、島の真ん中を走るコースとなっています。
そのため海が見えるのは最初だけ。
2011100602.jpg

あとは写真を一枚も撮っていなかった程、正直退屈な道が続きます。
まぁ、イイように捉えれば、適度に変化を求めたコースって事でしょうか。。。
たぶん海沿いを走ると峠を越さなければならない、きつめのコースになるからでしょうけど(^^;

大島の終盤、ようやく海が見えてきたと同時に現れるのが来島海峡大橋。
でっかいです!
2011100603.jpg
今までの橋とは別格のスケール!!

この橋を渡っていると、まるで空中を走っているように感じます。
2011100604.jpg

しまなみ海道の橋の中で、走ってって一番気持ちの良い橋でした。
それだけに伯方島からココまでのコースがイマイチなのが残念なところです。
次回は大島の海沿いを走ってみたいと思います。案外楽しいかもしれませんしね

来島海峡大橋を渡り終えると後は味気ない市街地走行・・・

なんか現実に引き戻されたって感じで黙々と走り、今治港でゴール!!
2011100605.jpg

んっ!?今治港???
つづく
  1. 2011/10/06(木) 23:42:34|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しまなみ海道 尾道~伯方島

念願のしまなみ海道です
まずは尾道駅構内の観光案内所で「しまなみサイクリングクーポン」を購入します。
これは橋の通行料が半額になるお得な割引券です

早速、尾道駅前の渡船で向島へ渡ります。
私の実家近くの天保山渡船や甚兵衛渡船に比べると立派な船ですやん。
2011100501.jpg

しまなみ海道は緑にペイントされた道や所々にある標識で迷うことなく今治まで行けると、観光案内所のお姉さんが笑顔で教えてくれましたが迷わずに走れるんやろか?と多少の不安と共にワクワクドキドキの「しまなみ海道ポタ」スタートです。
2011100502.jpg

海が本当に綺麗です。すぐ真横の海面を眺めながら快適に走ります。
因島では途中山側へ向うコースになっていますが、地図上では海岸線に沿っていけば生口橋に行けそうなので、ここでコースを無視して直進します。まぁ迷子になっても島なんだし真っ直ぐ進んでいれば何とかなるでしょう。そのほうが楽しいかも
しかし呆気なくコースと合流し生口島へ(^^;
2011100504.jpg

朝から快晴で気温も徐々に上昇。そこでしまなみ海道ではお約束のドルチェのジェラートで体をクールダウンさせます。
2011100505.jpg

生口島の次は多々羅大橋を渡って大三島ですが、ここでオプショナルツアーを取り入れることに
瀬戸田港の近くに黄色っぽいオレンジの橋があります。ここを渡れば高根島に行くことができます。
2011100506.jpg
もちろん通行料は無料!鮮やかなオレンジ色が綺麗な橋です。
2011100507.jpg

この橋を渡り、高根島を時計回りに一周します。多々羅大橋や大三島を望みながら走りだすと、車も人も見かけることなく、なんか島全体を貸しきっているかのような錯覚に陥りました。
「ここは俺の島じゃ~」みたいな(笑)

前半は海沿いの平坦な道を心地よく走れますが、後半は山道へと入っていきます
道は細くなり、坂も険しくなってくるじゃないですか~
2011100508.jpg

少し根性を入れて上りきるとトンネルがあるのですが、なんと途中から素掘りの状態となっていて探検家気分にさせてくれます
2011100509.jpg
このトンネルを抜けると目の前に青い海が現れます。あとは海に向ってのダウンヒル!めっちゃ気分爽快でっせ!!
約30分の高根島一周オプショナルツアーはお勧めです。

生口島へ戻り、多々羅大橋で大三島へ渡ります。
平日で人も少なかったので多々羅鳴き龍をアホほど鳴かせまくって遊びましたよー
2011100510.jpg

大三島は翌日にじっくり走るとして、最短コースで伯方島へ向います。
2011100511.jpg

橋を渡りきったらコースとは逆方向へ。ここでもオプショナルツアー第二弾として伯方島を一周します。
しまなみ海道のコースから外れますが、伯方島でもサイクリングロードの標識が適当な間隔で立っており、迷うことなく伯方島一周を走る事ができますし、所々に休憩所もあってホンマ自転車の聖地って感じです。
2011100512.jpg

途中の船折瀬戸手前にあったカフェで休憩してから宿泊先に向いました。
2011100513.jpg

いやー“しまなみ海道”、まだ半分ですが十分楽しいですわ~
  1. 2011/10/05(水) 23:26:16|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尾道:てっぱん展

倉敷から尾道にやってきました。
2011100401.jpg
以前から走りたかった「しまなみ海道」を一泊二日で、じっくりと走ってきます。

と、その前に。。。
前々回のNHK朝の連続ドラマでやっていた「てっぱん」の撮影セットが展示されているので、そちらに寄り道(^^;
2011100402.jpg

自宅から会社が近く、毎朝NHKの連ドラを見てから出勤しているものですから、どうしても見に行きたかったんですよねぇ。
「てっぱん」は大阪と尾道を舞台にしたドラマで、これは尾道出身の主人公あかりが大阪で開いたお好み焼き屋「おのみっちゃん」の撮影に使用されたセットです。
2011100403.jpg
その他、撮影で使用された小物も多数展示されていました。
2011100404.jpg

2011100405.jpg
いや~、懐かしかったなぁ。
先週で「おひさま」も終わり、今週から大阪の岸和田を舞台とした「カーネーション」が始まりました。
岸和田の祭りは終わりましたが、泉州地方は祭りシーズンに突入。我が家からも、毎晩だんじりの練習で鉦や太鼓の音が聞こえてきます。

おっと(汗)、早く「しまなみ海道」に出発しなければ、走る時間がなくなっちゃいます
  1. 2011/10/04(火) 21:46:04|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

倉敷散策

小豆島で一泊した後、土庄港からフェリーで出立!
2011100301.jpg
向かう先は新岡山港。
2011100302.jpg
そして倉敷へ
2011100303.jpg
いや~、十数年ぶりの倉敷です。
美観地区を一通り自転車で流しながら観光しましたが、やはり歩いて観て回るより楽チン楽チン!隅から隅まで行きたい所への移動がスムーズです
この後、瀬戸大橋まで走る予定でしたが、昼食に入ったお店にて隣の席で美味しそうにビールを飲んでいる方を見て誘惑に負けました(笑)
2011100305.jpg
ビールと共に頂いたのは「祭り寿司」。岡山の郷土料理でもある「ばら寿司」の具を豪華にしたものらしく、鰆、海老、アナゴ、シャコ等これまた最高でした。もちろんこの後は歩いての観光となり、川船から町並みを観覧したり、大原美術館でまったりしながら時間を過ごします。
2011100306.jpg

ほとんど自転車に乗りませんでしたが、倉敷の古い町並みを堪能した一日となりました。
2011100307.jpg
翌日はガッツリと走る予定なので、この日は倉敷でゆっくりと休むことにします。(-.-) Zzzzz・・・・
  1. 2011/10/03(月) 23:56:04|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小豆島ポタ

先週は休暇を取って、3泊4日の一人旅に出掛けていました。
行き先は瀬戸内方面。もちろんPacific18を携えて

一日目は小豆島です。
姫路からフェリーに乗り、小豆島(福田港)に上陸!
2011100201.jpg
しかし、なんだかどんよりとした空模様
時折ポツリポツリと顔に冷たいものが。。。
ここから観光地へ行くには峠を越さなければなりませんが、この天気でテンションが下がり気味のため、峠越えだけはバスを利用(^^;

峠を越えると雨も止んだようで、ようやく自転車を展開して、ポタリング開始!
「岬の分教場」と「二十四の瞳映画村」へ
2011100202.jpg
「岬の分教場」は二十四の瞳の舞台となった田浦分校で、実際に使用されていた校舎。
そして「二十四の瞳映画村」は映画のロケ用オープンセットを残したものだそうです。
色々と見学していてお昼となり、お腹も減ってきました。。。
映画村内では給食セットなるものも食べられますが、小豆島といえば素麺!
しかし今から素麺店まで走る元気もなかったので、映画村内で素麺と醤(ひしお)丼のセットをいただきました。
2011100203.jpg
素麺はもちろんですが、醤丼が絶品でした。
醤油で味付けしたカリカリに焼いたチリメンジャコがのっているだけですが、もう病み付きになる美味さ

そうこうしている間に晴れ間が広がっていき、気持ちの良いポタリング日和となってきました。
2011100205.jpg

のんびりと瀬戸内海を眺めながら「オリーブ園」に到着。
2011100206.jpg
当然なのですが、辺り一面オリーブだらけです。
オリーブが好きで、ウチにも2本小さな苗から植えて育てていますが、さすがに圧倒される数のオリーブの木にしばし見とれておりました。

そしてここから宿泊地である土庄町までチョットしたアップダウンが続きますが、今まで平坦な道だった分、結構きつかったッス(^^;

土庄町では世界一狭い海峡である「土渕海峡」を渡ったり、
2011100207.jpg
迷路のまちを散策します。
2011100208.jpg
町の一角が入り組んだ小路となっており、各民家の前に手作りのお地蔵さんが置かれていて上手く観光地として利用されていました。我が地元さの町場も見習ってほしいところです。

そして最後はエンジェルロード。
エンジェルロードは潮の干満で沖に浮かぶ島との間に現れる道で、恋人の聖地と呼ばれデートスポットになっているそうです。もちろんオッサン一人で行くのはなんなので、宿泊先の露天風呂からエンジェルロードを眺めて一日目は終了(笑)
2011100210.jpg
しかしココの露天風呂、、、
ボートの湯船って微妙。。。
  1. 2011/10/02(日) 06:16:14|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dai-5

Author:dai-5
PEUGEOT Pacific18で泉佐野市界隈をポタリング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。