ブラウ・グラーナ気分で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

走り収めはAWAICHI ~ 二日目

プチ遭難体験した一日目から明けて二日目、福良湾から岩屋まで残り半周を走ります。

その前に昨夜に食べ損なった分を取り戻すが如く、朝食でしっかりとエネルギーを補充し、食後は足の筋肉痛をほぐすため、大鳴門橋を眺めながらまったりと温泉に
なんかようやく旅行気分に浸れました(ホッ)

2011121701.jpg

走り始めると直ぐに現れるアップダウンや、海沿いの風がきつかったですが、真っ暗な峠を走ることに比べれば快適、快適

あっという間に北淡町に着き、昼食前に北淡震災記念公園内にある『野島断層保存館』に寄り道しました。
2011121702.jpg

大阪市内の実家で阪神大震災を経験した者として、一度その原因となった断層を見てみたかったのです。
2011121703.jpg
右側の断層が上に50cm、手前に1mズレてしまっています。この状態なるまでに上下左右に動きまくったようです。。。
恐ろし、、、
その他、阪神大震災と同じ揺れを体験できるコーナーや写真などのパネル展示があります。
改めて自然の恐ろしさを実感して北淡震災記念公園を出ました。

岩屋までラストスパートをかける前に、
2011121704.jpg
昼食は『あなご丼』ですっ(^ц^ )
焼きアナゴとタレが絶妙!思わず“おかわりっ”と言いたかったのですが何事も腹八分目に抑えないと最近は体重増で(^^;

2011121705.jpg
明石大橋を越えて淡路島一周は完了!

この後は明石に戻って「明かし焼き」で〆ます
2011121706.jpg 2011121707.jpg
いろいろな店を食べ比べようとしましたが、2店目で満腹ε= o(´~`;)
帰りは車なのでノンアルコールしか飲めなかったのが残念ではありますが(^^;

今回は急な気まぐれで淡路島を走り、寒さと風それに暗闇の峠と苦行に近いものがありました。
しかし、その分印象に残る楽しい思い出になるのが不思議なところです。
淡路島、十分堪能させていただきました
スポンサーサイト
  1. 2011/12/24(土) 07:18:27|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走り収めはAWAICHI ~ 一日目

2011年の走り収めとして、先週金曜日に有給休暇を取り、一泊二日で淡路島一周を走ってきました

明石まで車で移動してジェノバラインで岩屋へ行き、ちょうど半周した福良湾にある『南あわじ休暇村』に一泊して、翌日残り半周を走る行程です。
一日で一周する訳ではないので余裕をかましていましたが、冬の淡路島をナメちゃぁいけません!
ホント散々な目に遭いましたから(^^;

とりあえず初日は半分の福良湾まで走るだけなので、朝のんびりしたのが運の尽き。
阪神高速神戸線の渋滞に巻き込まれ明石に着いたのが午前11時半。
慌てて出発の準備をしてジェノバライン乗り場へ向いますが、無常にも11時40分発の船が岸から離れていくのを指をくわえて見る羽目になりました。次の出発時刻の12時20分まで悶々と待合室で過ごします。
2011121601.jpg

結局、淡路島に到着して岩屋を出発したのが12時半過ぎ。
この季節の日没時間を考えると寄り道などせずに先を急がねばなりません。あぁ~“たこせんべい”食べ損なったぁ。。。
しかもこの日から一気に冬の寒さとなり、冷たい強風が容赦なく襲い掛かってきます。しかも向かい風(汗)
走行中に巻き上げてくる砂や小石が顔に当たって痛いのなんの(涙)

そして淡路島のハイライトとなる由良からモンキーセンター間の峠越え。
さぁこれから!って時に急に白いものがチラチラと目の前に現れました。
初雪です。この時点では雪や~と喜んでいましたが・・・
2011121602.jpg

雪と寒さは体に堪えました。登りは汗だくとなりますが、下りはその汗が仇となり一気に体温が奪われていきます。
これを数回繰り返していると流石に太腿の筋肉が強張ってきて思うように足が動かなくなってきました。
太腿が寒さで硬直しつつも難なく峠を越えて南淡路水仙ラインに出ます。
気持ちの良い灘黒岩水仙卿付近の海岸線。
幻想的な夕日に癒されます
2011121603.jpg

、、、いや癒されている場合ではありません。
福良湾へ辿り着くまでに越えなければならない峠が残っているはず。。。
この場所で夕日を見るってことは、、、

案の定、海岸線が終わり最初の登りに差し掛かった時には既に日が暮れ始めていました
辺りは徐々に暗くなってくるし、気温も急激に下がってくるしで気持ちばかり焦り出します。
あまりの寒さに耐え切れず、途中で見つけた自販機で温かい缶コーヒーでも買おうと自転車から足を下ろした瞬間
普通に着地しただけの衝撃で右太腿が完全に硬直しちゃいました(涙)めっちゃ激痛が走り、ぴくりとも動きません。
少しジッとして回復するのを待って前へ進みます。完全に日も暮れてしまいました。
途中、県道76号線から25号線に入るため左折しなければいけませんが、暗くて標識も見えず左側に道が現れる度にライトを上向きにして標識を探したり、曲がらなければならないのか不安になりながら進んだり止まったりを繰り返します。

淡路島を一周するだけなので道なりに進めば大丈夫だろうと地図といえば「大阪・神戸周辺自転車散歩」しか持ってきていません
2011121604_20111221011545.jpg

なんとか県道25号線へ左折する道は大きく、信号もあり標識もデカデカとして迷うことなく進めましたが、ホッとしたのも柄の間、暗闇の中で道は前ではなく斜め上に続いています。。。
おそらく日中であれば普通の峠道なのでしょうが、極寒の暗闇の中では淡路島最難関の道に感じました
登っては下るを繰り返し、休憩しようと足を下ろすとまたもや太腿に激痛が走ります。
今度は両足が硬直し、その場に倒れ込みましたミ(ノ;_ _)ノ ど、どないしょって感じ

初めて訪れる場所、初雪が舞う寒さ、シ~ンと静まり返る真っ暗な峠、しかも携帯電話は圏外、そんな状態で自分が何処にいるのか分からなくなるのって泣きたくなるほど怖かったです。

ほどなく生まれたての子鹿のような足取りで(笑)峠を越えて、直ぐ横から波音が聞こえ福良湾に着いたことが分かったときは「俺は生きてるぞ~!」と叫びたくなりました。しかし宿泊先の南あわじ休暇村があるのは丘の上。。。
冷え切った体に鞭を入れて最後の一登り。予定より大幅に遅れて19時過ぎに到着しました。
あまりの憔悴っぷりに、まともにご飯も喉を通らず、温泉で体を温めて一日目はそのまま爆睡して終了。

あぁ、一人でのんびり酒飲んで羽を伸ばすつもりだったのになぁ。。。。

  1. 2011/12/21(水) 01:22:00|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

dai-5

Author:dai-5
PEUGEOT Pacific18で泉佐野市界隈をポタリング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。